新着情報

2021/04/30
テスト
技術革新
船舶技術の航跡

船舶技術の航跡

1987年 ~ 船体 PBCF(プロペラ効率改善装置)開発 ...

環境
地球温暖化の防止

低摩擦型船底塗料

低摩擦型船底塗料 特殊ポリマーを用いて塗料のレオロジー性をコントロールし塗料表面張力を緩和させる等により、塗膜表面の平滑性が向上し船体表面の摩擦...

環境
環境取り組み実績

環境取り組み実績

環境中期目標 温室効果ガスの排出や、大気汚染、生物多様性の阻害などの環境課題の解決に先進的に取り組む。顧客をはじめとするステークホルダーの環...

環境
環境取り組み体制

環境マネジメントシステム

環境マネジメントシステム ISO14001証書 当社の事業における環境リスクや機会を適切に把握・管理するため、2001年4月よ...

サステナビリティ経営
サステナビリティ課題(特定プロセスと全体像)
Response thumb sdgs icon

サステナビリティ課題(特定プロセスと全体像)

商船三井グループでは、事業活動を通じて社会に対して与えるマイナスの影響を最小化しながら、SDGsへの貢献をはじめとした社会的価値を最大化することで、中...

環境
環境・エミッションフリー事業

KarpowershipとLNG 発電船事業におけるパートナーシップを構築

KarpowershipとLNG 発電船事業におけるパートナーシップを構築 2019年3月、Karpower International B.V...

環境
海洋環境保全

海洋環境保全

商船三井グループは、安全運航の徹底により海難事故による海洋汚染防止に努めるとともに、事業活動の場であり世界万人の共有財産である海洋の環境保全への取り組...

環境
地球温暖化の防止

高効率排熱エネルギー回収システム搭載船

高効率排熱エネルギー回収システム搭載船 高効率排熱エネルギー回収システム 出典:ジャパンユナイテッド(株) 高効率排熱エネルギー...

環境
大気汚染の防止

NOx(窒素酸化物)排出対策

NOx(窒素酸化物)排出対策 船舶ディーゼル機関からのNox排出量は、国際海事機関(IMO)の条約により段階的に規制され、2016年1月からは3...

環境
環境データ

2019年度環境会計

2019年度環境会計 環境保全コスト(単位:百万円) scroll 分類 内容 投資...

人権・人材
ダイバーシティ推進

2. グローバル人材の活躍

2. グローバル人材の活躍 グローバルに事業を展開している当社グループでは、多国籍な社員・船員を約15,000名雇用しています。グループ総合力を...

サステナビリティニュース
サステナビリティ ニュース 2008年

サステナビリティ ニュース 2008年

2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 ...

サステナビリティニュース
ハイチ大地震被災地へ復興援助

ハイチ大地震被災地へ復興援助

2010年03月10日 本年1月12日にハイチで発生した大地震の被災地への復興支援として、当社は義援金200万円の拠出と当社船による援助物資の無...

船舶維新 -未来への鍵は歴史に-
船舶維新 -未来への鍵は歴史に-

船舶維新 -未来への鍵は歴史に-

商船三井の船には、革新的な取り組みが多く存在します。 革新にこだわり、堅実に、常に時代の一歩先を行く船を考え、発信してきました。 なぜ、商...

技術革新
技術研究所

技術革新に向けた基本方針

技術研究所 概要 名称 株式会社商船三井 技術研究所 所在地 住所:〒215-0033 神奈川県川崎市麻生区栗木2-2-9 ...

船舶維新 -未来への鍵は歴史に-
第二話 フェリー物語「時代の要請とともに」

フェリーの明日

フェリーの歩み フェリーの今 フェリーの明日 フェリーの明日 2010年1月公開 これまでにご紹介した...

社外からの評価
社外からの評価

安全運航(船員教育プログラムに対する評価含む)に関する事項

安全運航(船員教育プログラムに対する評価含む)に関する事項 液化ガス輸送に関する船員研修プログラムがノルウェー船級協会(DNV GL AS)によ...

環境
グループ会社の取り組み

環境配慮型ビル

環境配慮型ビル ダイビル(株) 「新ダイビル堂島の杜」は、旧新ダイビル屋上樹苑の精神を受け継ぎ「人だけでなく生物にとってもやさしい森」をコ...

環境
生物多様性保全

バラスト排出水の検査装置

バラスト排出水の検査装置 (株)サタケとMOLエンジニアリング(株)は、バラスト水中のLサイズ生物(最小径50μm以上)を測定するための...

ステークホルダーとの対話
ステークホルダーとの対話

行政とのコミュニケーション

行政とのコミュニケーション ガバナンスとコンプライアンスの強化 良き企業市民として法令を順守するとともに、納税の義務を果たし、行政の円滑な...

サステナビリティ経営
サステナビリティ経営

サステナビリティ経営

環境・社会面の取り組み状況が企業経営や企業価値に及ぼす影響は年々強まっています。当社グループが時代の要請を先取りする存在としてあり続けながら、目指す姿...

ICT戦略
ICT戦略推進体制

海外でのICT戦略推進

海外でのICT戦略推進 当社グループ会社のMOL Information Technologyは、当社海外グループ会社のICTコンサルタントとし...

社外からの評価
社外からの評価

環境に関する事項

環境に関する事項 ISO14001の認証 2001年4月に当社独自の環境マネジメントシステム「MOL EMS21」の運用を開始し、...

ICT戦略
ICT戦略推進体制

横浜国立大学 長尾教授との技術顧問契約締結

横浜国立大学 長尾教授との技術顧問契約締結 当社は、デジタライゼーションの潮流を踏まえたICTの利活用を推進するため、次世代AIの進化的機械学習...