新着情報

2021/04/30
テスト
コンプライアンス・社会的責任
コンプライアンス

腐敗防止への取り組み

腐敗防止への取り組み 国内外において、公務員等および民間人に対する贈賄や過剰な接待を防止し、当社コンプライアンス規程に定める「顧客・取引先とのよ...

サステナビリティニュース
チリ大地震被災地への援助物資輸送

チリ大地震被災地への援助物資輸送

2010年07月13日 当社はメルボルンからチリ向けに震災復興援助物資の輸送を行いました。 2月27日にチリ共和国で発生した大地震の被災地への...

人権・人材
国連グローバル・コンパクトへの参加

国連グローバル・コンパクトへの参加

グローバル・コンパクト ロゴマーク グローバルに事業展開する当社グループにとって、「グループ企業理念の具現化」と併せ、世界のさまざまなス...

コンプライアンス・社会的責任
コンプライアンス・社会的責任

コンプライアンス、社会的責任

コンプライアンスコンプライアンス推進体制や行動基準を紹介します。 サプライチェーン管理当社グループの調達基本方針と、船舶の建造における取組み...

安全運航
安全運航支援体制

MOL Body FIT Exerciseが国交省の船員安全取組大賞を受賞

MOL Body FIT Exerciseが国交省の船員安全取組大賞を受賞 船員の労働災害の防止を目的として、独自の身体機能向上体操「M...

環境
海洋環境保全

海洋環境保全

商船三井グループは、安全運航の徹底により海難事故による海洋汚染防止に努めるとともに、事業活動の場であり世界万人の共有財産である海洋の環境保全への取り組...

環境
地球温暖化の防止

地球温暖化防止に関する賛同

地球温暖化防止に関する賛同 地球環境問題の解決に取り組むことは当社グループの使命と考え、地球温暖化問題に対する3つの取り組みに賛同しています。 ...

人権・人材
ダイバーシティ推進

1. ダイバーシティ経営の目指す姿

1. ダイバーシティ経営の目指す姿 当社グループでは、性別や国籍、年齢といった表面的な属性のみならず、経験や持ち味、スキル、価値観といった個々人...

サステナビリティ経営
ESGファイナンス

サステナビリティボンド(第22回、第23回、第24回無担保社債)に関する資金充当状況及び環境改善効果(2020年3月末時点)

サステナビリティボンド(第22回、第23回、第24回無担保社債)に関する資金充当状況及び環境改善効果(2020年3月末時点) 資金充当レポート ...

人権・人材
グローバルな人材

「グローバル人事連絡会」を開催

「グローバル人事連絡会」を開催 主要海外現地法人とのグローバルな 人事ネットワークを通じて各地の状況、問題点や課題などの 情報共有を行い、各地に...

技術革新
技術研究所

技術研究所

「環境と共生する研究所」として、太陽光エネルギー利用や自然採光システム、氷蓄熱冷暖房システム、高速可変風量コントロールシステムを採用し、随所に...

環境
環境データ

2019年度環境会計

2019年度環境会計 環境保全コスト(単位:百万円) scroll 分類 内容 投資...

コンプライアンス・社会的責任
コンプライアンス

当社のコンプライアンス推進体制

当社のコンプライアンス推進体制 コンプライアンス体制図(2018年11月現在) コンプライアンス委員会 全社的なコンプライア...

安全運航
ヤマルLNGプロジェクトを支える安全運航

LNG輸送の新たな挑戦

LNG輸送の新たな挑戦 多様化するLNG輸送への新たな取り組みとして、2018年11月にノルウェー・ホニングスヴォーグで耐氷性能が低いL...

船舶維新 -未来への鍵は歴史に-
第二話 フェリー物語「時代の要請とともに」

フェリーの明日

フェリーの歩み フェリーの今 フェリーの明日 フェリーの明日 2010年1月公開 これまでにご紹介した...

環境
地球温暖化の防止

新型風防を開発、当社コンテナ船に設置 ~船首に設置して風圧抵抗を低減、CO2削減効果の検証を開始~

新型風防を開発、当社コンテナ船に設置 ~船首に設置して風圧抵抗を低減、CO2削減効果の検証を開始~ (一般財団法人)日本海事協会が産学...

ステークホルダーとの対話
ステークホルダーとの対話

株主・投資家とのコミュニケーション

株主・投資家とのコミュニケーション 適時・的確・公平に情報開示し、持続的成長への信頼感の醸成 株主総会を通じて株主・投資家と対話 ...

安全運航
ヤマルLNGプロジェクトを支える安全運航

過酷な環境での運航を支える安全対策

過酷な環境での運航を支える安全対策 ヤマルLNG基地に面するカラ海は冬季に全面結氷する海域です。平均気温は、冬季には約マイナス30度、時には約マ...

人権・人材
ダイバーシティ推進

2. グローバル人材の活躍

2. グローバル人材の活躍 グローバルに事業を展開している当社グループでは、多国籍な社員・船員を約15,000名雇用しています。グループ総合力を...

人権・人材
グローバルな人材

乗船研修

乗船研修 若手従業員が本船運航の現場体験を通じて船と運航の知識を深め、安全運航の意識をさらに高めることを目的に、乗船研修を行っています。同時に、...

環境
地球温暖化の防止

低摩擦型船底塗料

低摩擦型船底塗料 特殊ポリマーを用いて塗料のレオロジー性をコントロールし塗料表面張力を緩和させる等により、塗膜表面の平滑性が向上し船体表面の摩擦...

ICT戦略
ICT戦略推進体制

ICT人材

ICT人材 イノベーションを通じて新たな付加価値を提供できる人材を確保するため、役職員のICTリテラシー向上策の実施をはじめ、専門人材の教育、事...

環境
海洋環境保全

海洋環境保全への取り組み

海洋環境保全への取り組み 衝突安全性に優れた「NSafe®-HULL」を世界初採用 当社は、新日鐵住金(株)が開発した高延性造船用鋼板「N...

環境
生物多様性保全

バラスト水問題

バラスト水問題 貨物の積荷役に合わせて行うバラスト水の排出は、海洋生物を越境移動させ、海洋生態系に対して影響を与えるおそれがあります。国際海事機...