Human Rights and Human Resources 人権・人材

働き方改革

1.当社の働き方改革

1.当社の働き方改革

当社では2016年9月に設置した社長を委員長とする「働き方改革委員会」を中心に、活き活きと働ける組織風土による人的競争力向上とイノベーションの実現を目指して、働き方改革に取り組んでいます。
これは10年後の目指す姿を実現する上で、業務を高い効率で遂行することに加えて、従来の型にとらわれない自由な発想やそれを形にしていく風土、組織力が必要であるという考え方に基づいています。
「人事制度改革」「組織風土改革」「ワークプレイス改革」「生産性向上」の4つの重点分野を基軸に、時間生産性を向上し、これまでの枠を超えたイノベーティブな業務に取り組む時間を捻出すると同時に、社員のライフステージ、ライフスタイルの変化に配慮し、一人一人が充足感を感じながら働けるために、柔軟な働き方を実現し、効率的でメリハリのある働き方を推進しています。

商船三井の働き方改革

株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

2.働き方改革での取組み内容

2.働き方改革での取組み内容

働き方改革委員会が発足した2016年以降、「組織風土」「人事制度」「生産性向上」「ワークプレイス」の4つの重点分野を基軸に、様々な施策に取組んでいます。

【人事制度】

  • Smart Biz(*)の実施
  • 事業場外勤務制度の導入
  • 男性の育休取得促進
  • 朝食キャンペーンの実施
  • リーダーの早期育成、キャリアパスの複線化を可能とする新人事制度の導入

【組織風土】

  • 社長と各部門、部長間など様々な対話会「HOTダイアローグ」の実施
  • 部門をまたぐ社内懇親会に対する会は補助
  • グループ全体での成功体験を紹介する「One MOLセミナー」の開催
  • ノー残業デー及び全社一斉退社日の実施

【ワークプレイス】

  • 紙文書を削減・整理して生み出したスペースに対話のためのラウンジを設置
  • 2019年5月からフリーアドレス制のパイロットオフィスを導入し効果検証を実施

【生産性向上】

  • 社内会議ルールの設定
  • RPA(Robotic Process Automation)の導入による業務の自動化
  • 紙文書の大幅削減を目指す「Paper Off!プロジェクト」の実施

(*) 社員自らが各自の働き方にふさわしい服装を判断し、通年実践できる制度


株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

3.ワークプレイス改革プロジェクト

3.ワークプレイス改革プロジェクト

「人事制度改革」「組織風土改革」「ワークプレイス改革」「生産性向上」の各種施策のトライアルの場として、2019年5月に、フリーアドレス制を導入したパイロットオフィスを開設しました。設計にあたり当社の目指す働き方を「トライ&エラー、コラボでチャレンジ」「素早いコミュニケーション、素早い行動」「パフォーマンス最大化」の3つのテーマに改めて整理し、それぞれを実現できるオフィスを作り上げました。オープンなレイアウトに様々な種類のオフィス家具を設置し、部門横断コミュニケーションスペースや集中スペースを設けました。Web会議ツールやその他ICTツールを最大限に活用しながらそれぞれの執務スペースを目的に応じて利用することで、社員の充足感のみならず、業務効率も向上しています。より一層当社の目指す働き方を実現するため、今後の全社展開を検討しています。

時間外労働時間推移 *
* 時間外実績は、当社の所定労働時間(一日あたり7時間)に基づき算出しています。

株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

4.さらなるイノベーションの創出のために

4.さらなるイノベーションの創出のために

働き方改革の各種施策によって生み出された時間を活用してイノベーションを実現することが当社の働き方改革の目的の一つです。その例として、社員から新規事業の提案を募る「MOLグループ社員提案制度」を2019年度より導入しました。アイデアを提案し社内の審査を通過した社員は1年間部署異動をし、専任で事業の実現性を検証します。

株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム
人権・人材
人権

人権

国連グローバル・コンパクトへの参加 船員の人権 英国現代奴隷法への対応

人権・人材
国連グローバル・コンパクトへの参加

国連グローバル・コンパクトへの参加

グローバル・コンパクト ロゴマーク グローバルに事業展開する当社グループにとって、「グループ企業理念の具現化」と併せ、世界のさまざまなス...

人権・人材
船員の人権

船員の人権

「国連グローバル・コンパクト」に参加し、人権と労働に関する普遍的原則の支持と実践を表明しています。また、船員の基本的権利を定めた、2006年の海上の労...

人権・人材
英国現代奴隷法への対応

英国現代奴隷法への対応

当社は、英国法「Modern Slavery Act 2015」への対応として、当社ウェブサイト上に”Modern Slavery Statement...

人権・人材
グローバルな人材

多様な人材が一体感をもって活躍できる商船三井グループを目指して

多様な人材が一体感をもって活躍できる商船三井グループを目指して 人事体制 グループ総合力強化に向け、グローバルマーケットで活躍する...

人権・人材
グローバルな人材

One MOLグローバル経営塾(MGMC)

One MOLグローバル経営塾(MGMC) 異文化環境におけるダイバーシティマネジメント力を向上させ、次世代の「One MOLグローバル経営幹部...

人権・人材
グローバルな人材

「グローバル人事連絡会」を開催

「グローバル人事連絡会」を開催 主要海外現地法人とのグローバルな 人事ネットワークを通じて各地の状況、問題点や課題などの 情報共有を行い、各地に...

人権・人材
グローバルな人材

乗船研修

乗船研修 若手従業員が本船運航の現場体験を通じて船と運航の知識を深め、安全運航の意識をさらに高めることを目的に、乗船研修を行っています。同時に、...

人権・人材
ダイバーシティ推進

1. ダイバーシティ経営の目指す姿

1. ダイバーシティ経営の目指す姿 当社グループでは、性別や国籍、年齢といった表面的な属性のみならず、経験や持ち味、スキル、価値観といった個々人...

人権・人材
ダイバーシティ推進

2. グローバル人材の活躍

2. グローバル人材の活躍 グローバルに事業を展開している当社グループでは、多国籍な社員・船員を約15,000名雇用しています。グループ総合力を...

人権・人材
ダイバーシティ推進

3. 女性の活躍推進

3. 女性の活躍推進 女性活躍推進の目的 当社グループでは、優秀な人材の確保及び事業推進やガバナンス、リスク管理における多様な視点の確保と...

人権・人材
ダイバーシティ推進

4. アスリート社員採用

4. アスリート社員採用 多様な社員が活躍する環境整備に向けて 人事部 ダイバーシティ・ 健康経営推進チーム 倉橋 香衣 ...

人権・人材
ダイバーシティ推進

5. その他ダイバーシティ推進の取り組み

5. その他ダイバーシティ推進の取り組み ダイバーシティ・健康経営推進チームの設置 当社は、「人事部 ダイバーシティ・健康経営推進チーム」...

人権・人材
ダイバーシティ推進

6. 社員の職場環境の整備

6. 社員の職場環境の整備 世界中の社員一人ひとりが熱意と活力を最大限に発揮でき、多様な個性と能力を組み合わせることができる職場環境・組織風土づ...

人権・人材
働き方改革

1.当社の働き方改革

1.当社の働き方改革 当社では2016年9月に設置した社長を委員長とする「働き方改革委員会」を中心に、活き活きと働ける組織風土による人的競争力向...

人権・人材
働き方改革

2.働き方改革での取組み内容

2.働き方改革での取組み内容 働き方改革委員会が発足した2016年以降、「組織風土」「人事制度」「生産性向上」「ワークプレイス」の4つの重点分野...

人権・人材
働き方改革

3.ワークプレイス改革プロジェクト

3.ワークプレイス改革プロジェクト 「人事制度改革」「組織風土改革」「ワークプレイス改革」「生産性向上」の各種施策のトライアルの場として、2...

人権・人材
働き方改革

4.さらなるイノベーションの創出のために

4.さらなるイノベーションの創出のために 働き方改革の各種施策によって生み出された時間を活用してイノベーションを実現することが当社の働き方改革の...

人権・人材
健康経営

1.健康経営推進の目的

1.健康経営推進の目的 商船三井グループは、「世界最高水準の安全運航」を実現し、健全で活力あるイノベーティブな組織をつくり、「世界の海運をリード...

人権・人材
健康経営

2.健康経営推進体制

2.健康経営推進体制 当社の経営戦略の重点課題である「ダイバーシティ推進」および「健康経営推進」に向けた各施策をより集中的に実行していくために人...

人権・人材
健康経営

3.社外評価

3.社外評価 当社は、日本健康会議(*)が認定する「健康経営優良法人 ~ホワイト500~」の大規模法人部門に2年連続で認定されました。全...

人権・人材
健康経営

4.社員の健康増進に向けた取り組み

4.社員の健康増進に向けた取り組み 医務室と連携した取り組み 本社ビルにある医務室では、常勤の産業医及び保健師に加え、医師3名、メンタル管...

人権・人材
健康経営

5.メンタルヘルスへの取り組み

5.メンタルヘルスへの取り組み メンタルヘルスの不調には個別ケースに応じた支援が必要であり、また、発生予防、早期発見に向けては各人のメンタルマネ...

人権・人材
健康経営

6.安全運航を支える乗組員の健康への取り組み

6.安全運航を支える乗組員の健康への取り組み 当社は、世界最高水準の安全運航を目指して、陸上と海上が「4ゼロ」(註)を始めとする目標達成に取り組...

人権・人材
健康経営

7.労働災害の推移

7.労働災害の推移 陸上および海上で環境に応じた施策を講じて労働災害防止活動に努めています。 【陸上】労働災害 scroll ...

人権・人材
人事データ

商船三井の人事データ(2020年3月末現在)

商船三井の人事データ(2020年3月末現在) 社員の状況     2016年度 201...

人権・人材
人権・人材

人権・人材

成長の原動力、価値創造の源泉となる人的資本のポテンシャルを最大化する 商船三井のアプローチ グループ共通の価値観「MOL CHART」をカ...