Governance  Governance and compliance to support businesses Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス

コンプライアンス

コンプライアンス

当社は、2014年3月18日に公正取引委員会より、特定自動車運送業務の取引に関連して、独占禁止法第3条に違反する行為があったと認定されました。当社グループは、これまでよりも一層コンプライアンスは企業活動の大前提であることを役職員一人ひとりが深く心に刻むべく、組織風土改革などのコンプライアンスの再強化に取り組んでいます。
コンプライアンス体制の整備・強化を図るため、チーフ・コンプライアンス・オフィサーを委員長とするコンプライアンス委員会を3ヶ月毎に開催し、当社グループのコンプライアンスについてモニタリングを継続しています。


株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

当社のコンプライアンス推進体制

当社のコンプライアンス推進体制

コンプライアンス体制図(2021年7月現在)

コンプライアンス委員会

全社的なコンプライアンス体制の充実、徹底を図るため、また違反行為についての処置を決定するために経営会議の下部機関としてコンプライアンス担当執行役員を委員長とするコンプライアンス委員会を設置しております。

チーフコンプライアンスオフィサー

コンプライアンスオフィサーを統括するとともに、コンプライアンス体制の整備・強化の責任を負っております。取締役会で任命されるコンプライアンス担当執行役員がその任に当たっています。

コンプライアンスオフィサー

部店長を担当部店におけるコンプライアンスの統括責任者(コンプライアンスオフィサー)として任命しております。部店及び担当関係会社の業務に関する法令及び規則等の遵守、並びに社会規範及び企業倫理に基づき、善良なる管理者としての注意義務を尽くして行動することの徹底を図るとともに、違反行為を発見した場合、又は担当部店の所属員から報告を受けた場合は、コンプライアンス委員会事務局に報告し、速やかに必要な是正措置を取る責任を負っております。また、報告者の秘密を厳密に保持することも要求されます。

コンプライアンス相談窓口

当社では、コンプライアンス社内・社外相談窓口を設置しています。各相談窓口は、24時間年中無休で受け付け可能で、当社及び当社グループの役職員、派遣社員からの報告・相談を日本語または英語で受け付けています。このうち、社外相談窓口は社外の弁護士がその任に当たり、受け付けた報告・相談をコンプライアンス委員会事務局に報告するとともに、それ以降も報告・相談者と会社間の連絡を取り次ぎます。いずれの窓口でも、匿名での通報が可能であり、報告・相談者の秘密は厳守されます。また、違反行為の報告・相談者、あるいは調査協力者に対し、不利益な処遇がなされないことが保証されています。
コンプライアンス相談窓口は、各研修や社内イントラネット等を通じて、当社およびグループ会社の役職員に対して積極的に周知徹底を図っています。また、社内イントラネットではコンプライアンス違反事例の内容が開示されています。
なお、国内外取引先など一般外部からのコンプライアンスに関するお問い合わせは以下リンクから受け付けています。

コンプライアンス強化月間

コンプライアンス相談窓口を補完する取り組みとして、当社およびグループ会社の役職員を対象に「コンプライアンス強化月間」を実施しています。潜在している問題や問題の徴候を早期に把握し、予防的対策を講じることを目的に、2017 度より毎年実施し、対象期間約1か月の間コンプライアンス違反の徴候を示すような情報を幅広く受け付けています。当社およびグループ会社を合わせてこれまでに49件の相談・報告が寄せられ、大きな問題に発展する前に対処することができたケースもありました。
本取り組みについても、匿名での通報が可能であり、相談・報告者の秘密は厳守され、不利益な処遇がなされないことを保証しております。

当社グループ会社における違反行為

当社グループ各社も独立した法人として個々の規模・業態に合ったコンプライアンス体制を構築しております。グループ会社において違反行為に相当する事例が生じた場合、当該関係会社は自社の社内規則に則り、速やかに対処し、再発防止策を実施します。同時に当該関係会社担当の当社コンプライアンスオフィサーは、遅滞なく、コンプライアンス委員会事務局に報告する体制としております。当社グループ経営に与える影響がある場合などは、コンプライアンス委員会に報告を行います。
また、このようなグループ会社での違反行為を発見した当社関係会社の役職員は、当社のコンプライアンス相談窓口に相談することも可能としております。


株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

独占禁止法遵守の取り組み

独占禁止法遵守の取り組み

独占禁止法違反の原因を究明するなかで、当社グループの組織風土改革の必要性が見出されました。当社グループの組織風土の現状を分析するため、当社従業員を対象に、組織風土アンケート調査を実施しています。

本調査の結果から、各部門長は、自分の統括する部門におけるコンプライアンス意識を含む課題につき改善策を立案・実施しており、その成果をモニタリングすることにより、コンプライアンス違反を起こさない組織風土醸成に取り組んでいます。


株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

腐敗防止への取り組み

腐敗防止への取り組み

国内外において、公務員等および民間人に対する贈賄や過剰な接待を防止し、当社コンプライアンス規程に定める「顧客・取引先とのよき信頼関係の構築」を確実にするために、2015年10月に新たに「贈賄等防止規程」を制定しました。

また、役職員向けに新たに贈収賄防止に関する国内、海外における法規制の概要と留意点につき講習会を実施しました。

独占禁止法または競争法と腐敗(贈収賄)防止につき、国内外グループ会社も含めてE-learningを実施しており、2020年度は独占禁止法または競争法について6,129人、腐敗(贈収賄)防止について6,202人が受講しました。このほか、各階層の新任時に独占禁止法の講義受講を必修化し、役職員向けに講習会を毎年継続しています。

E-learning 受講率(2020年度)

独占禁止法または競争法 腐敗(贈収賄)防止 内部統制 ICTセキュリティ・ガバナンス インサイダー取引 安全文化
95.7% 96.5% 91.6% 95.7% 96.0% 95.5%

※独占禁止法または競争法と腐敗(贈収賄)防止、ICTセキュリティ・ガバナンスは、国内外の当社グループ会社にて実施。
内部統制、インサイダー取引、安全文化は、国内のみで実施。


株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

政治献金

政治献金

政治献金については、政治資金規正法を遵守した上で、適切な社内手続に従って実施しています。 政治献金の実績については、サステナビリティデータ集のページをご覧ください。


株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

行動基準

行動基準

当社は、様々なステークホルダーの視点に立って、当社役員及び職員が規範とすべき行動基準を定めております。当社役職員が行動基準を実践することで、より良い職場環境の実現による社業の向上と、当社を取巻く様々なステークホルダーの共感も得ながら、継続的に企業価値を高めるよう努めます。

(行動基準)
当社の役職員は次に掲げる基準に基づいて行動しなければならない。

  • 法令等の遵守及び善管注意義務
    • 国内外の法令及び規則等を遵守し、社会規範及び企業倫理に基づき、善良なる管理者としての注意義務を尽くして行動する。
  • 人権の尊重及び差別・ハラスメントの禁止
    • 人権を尊重し、人種、信条、宗教、国籍、年齢、性別、門地、心身の障害などに基づく差別をしない。
    • 各国・地域の文化や慣習等を理解・尊重し、調和を図る。
    • 性的嫌がらせや相手に不快感を与える性的発言をしない。性的嫌がらせと誤解される行動もしない。
    • 職場での地位や職権を利用し、業務上の権限の適切な範囲を超えて、人格を無視する又は個人の尊厳を侵害する言動により、相手に精神的又は身体的な苦痛を与える、あるいは職場環境を悪化させる行為をしない。
  • 守秘義務の遵守・知的財産権の尊重
    • 会社の秘密情報を許可無く第三者に漏洩したり、不正に使用しない。
    • 業務上知り得た顧客、取引先など第三者の秘密情報も会社の秘密情報同様に扱う。
    • インサイダー取引防止に関する社内規則を遵守し、職務に際して、当社及び他社の重要な内部情報を知った場合は、その情報が公表されるまでは、その株式等の売買を行わない(インサイダー取引の禁止)。
    • 第三者の保有する秘密情報の不正な取得や使用を行わない。
    • コンピュータソフトウエアの無断コピーなど第三者の知的財産権を侵害する行為をしない。
  • 公私の峻別及び利益相反行為の禁止
    • 会社の利益に反する行為は行わない。
    • 会社の資産や経費を会社の利益に反して使用しない。
  • 反社会的勢力に対する毅然とした対応
    • 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体に対しては、毅然とした態度で対応し、反社会的行為に加担しない。
  • 社会的責任を認識した行動
    • 国際社会及び地域社会における「良き企業市民」として、より良い社会の実現に向け、積極的な社会貢献に努める。
    • 社会の一員であることを認識し、様々なステークホルダーの理解及び支持を得られるよう積極的に企業情報を開示し、透明性の高い経営を行う。
  • 安全・環境保全への積極的取組み
    • 船舶の安全運航の徹底、環境関連法規、当社グループ環境憲章の遵守をはじめ、海洋・地球環境の保全に自主的、積極的に取り組む。
  • 顧客・取引先との良き信頼関係の構築
    • 誠実・公正・透明な対応を心がけ、良い信頼関係・良きパートナーとしての関係の構築に努める。
    • 公正かつ自由な競争を維持・促進するため、当社独禁法遵守行動指針を遵守し、独占禁止法、下請代金支払遅延等防止法等を含む諸法令及び同様の諸外国法令を遵守する。
    • 取引先等の役職員に対し、社会通念の範囲を越える金銭、贈物、接待その他の経済的利益の供与を行わない。また、取引先等の役職員から社会通念の範囲を超える経済的利益を受領しない。
    • 国内外の公務員に対し、贈賄行為や不正な利益の供与・申し出・約束を行わない。
  • 役員および管理者による本行動基準の指導・監督
    • 役員及び管理する立場にある従業員は、役職員に対し、本行動基準を誠実に実行するよう指導・監督を行うと共に、当社グループ会社及び当社に常駐社員を派遣する業務委託先に対して本行動基準を遵守するよう要請を行う。
  • 違反の疑いのある行為を発見した場合の報告・相談
    • 役職員が、違反行為又は違反の疑いのある行為を発見した場合は、遅延なく、コンプライアンスオフィサー、コンプライアンス委員会事務局、コンプライアンス社内相談窓口、又はコンプライアンス社外相談窓口に報告・相談し、他の役職員の違反行為を黙認、隠蔽しない。
    • 役職員は違反行為の有無に関する調査に協力する。
    • 当社は、違反行為を報告・相談した役職員や調査に協力した役職員の秘密を厳守し、不利益な処遇がなされないことを保証する。
株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム
Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス

基本的な考え方 コーポレートガバナンスへの取り組み コーポレートガバナンス体制 役員報酬 コーポレートガバナンスに関する報告書 ...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
基本的な考え方

コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、グループ企業理念に基づき、経営計画(ローリングプラン)の推進とサステナビリティ課題への取り組みを通じたグループビジョンへの到達と中期的な企業価...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
コーポレートガバナンスへの取り組み

コーポレートガバナンスへの取り組み

当社は、2002年に至る5年間に経営体制を大きく改革し、社外取締役の招聘、執行役員制度の導入など、当時の日本企業としては先進的でかつ透明性の高いコーポ...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
コーポレートガバナンス体制

当社のコーポレートガバナンス体制

当社は、取締役会から独立した監査役会による監査機能を確保しつつ、それに加え、業務執行を行う社内取締役(執行役員を兼務しています。)相互の監督・牽制はも...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
役員報酬

取締役報酬に関する方針・体制

取締役報酬に関する方針・体制 取締役報酬の決定に関する方針 取締役の個人別の報酬の内容についての決定に関する方針 報酬諮問...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
役員報酬

取締役報酬の構成

取締役報酬の構成 全体構成 当社会長、社長を含む取締役報酬の構成については、以下のとおり規定しています。 報酬構成の目安(業...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
役員報酬

監査役報酬の決定に関する方針

監査役報酬の決定に関する方針 株主総会で定められた上限の範囲内で、常勤・非常勤の別、監査業務の分担の状況、取締役の報酬等の内容及び水準を考慮し、...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
役員報酬

報酬実績

報酬実績 役員報酬の実績はサステナビリティデータ集のページをご覧ください。

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
コーポレートガバナンスに関する報告書

コーポレートガバナンスに関する報告書

コーポレートガバナンスに関する報告書[729KB/22ページ]

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
社外役員対談

社外役員対談

変革を通じた成長を成し遂げるために、ガバナンスにおいてもさらなる進化を図ります 外部環境が大きく移り変わっていく中、商船三井が従...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
コンプライアンス

コンプライアンス

当社は、2014年3月18日に公正取引委員会より、特定自動車運送業務の取引に関連して、独占禁止法第3条に違反する行為があったと認定されました。当社グル...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
コンプライアンス

当社のコンプライアンス推進体制

当社のコンプライアンス推進体制 コンプライアンス体制図(2021年7月現在) コンプライアンス委員会 全社的なコンプライアン...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
コンプライアンス

独占禁止法遵守の取り組み

独占禁止法遵守の取り組み 独占禁止法違反の原因を究明するなかで、当社グループの組織風土改革の必要性が見出されました。当社グループの組織風土の現状...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
コンプライアンス

腐敗防止への取り組み

腐敗防止への取り組み 国内外において、公務員等および民間人に対する贈賄や過剰な接待を防止し、当社コンプライアンス規程に定める「顧客・取引先とのよ...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
コンプライアンス

政治献金

政治献金 政治献金については、政治資金規正法を遵守した上で、適切な社内手続に従って実施しています。 政治献金の実績については、サステナビリティデ...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
コンプライアンス

行動基準

行動基準 当社は、様々なステークホルダーの視点に立って、当社役員及び職員が規範とすべき行動基準を定めております。当社役職員が行動基準を実践するこ...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
情報セキュリティ

情報セキュリティ

当社は、日々深刻化する情報セキュリティへの脅威に対し、情報セキュリティを確保するための体制の構築、国内外グループ会社や船舶に対するセキュリティ強化、情...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
情報セキュリティ

サイバーセキュリテイ体制

情報セキュリティ体制 重大インシデント対策本部 情報セキュリティを含むICTインシデントに迅速かつ包括的に対応するため、重大ICT...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
情報セキュリティ

国内外グループ会社での取り組み

国内外グループ会社での取り組み 国内外のグループ会社に対しては当社のセキュリティポリシーを適用すべく、各社のセキュリティ対策状況を確認しながら、...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
情報セキュリティ

船舶に対する取り組み

船舶に対する取り組み 国際海事機関(IMO)が開催した第98回海上安全委員会において、船舶の運航に関する安全管理システム(SMS、註1)にサイバ...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
情報セキュリティ

情報セキュリティ教育

情報セキュリティ教育 契約社員・協力会社などを含んだ当社グループ役職員一人ひとりのセキュリティ脅威に対する意識向上を図ることを目的に、基本的なセ...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
責任ある調達

調達基本方針

調達基本方針 商船三井グループは、お客さまのサプライチェーンの一端を担う企業グループとしての社会的責任を「商船三井グループ調達基本方針」として明...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
責任ある調達

取引先調達ガイドライン

取引先調達ガイドライン グローバルに事業を展開する当社グループがサプライチェーンの透明性・持続可能性をさらに高めるためには、お取引先の皆さまのご...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
責任ある調達

主な取り組み

主な取り組み 船舶の建造における取り組み 当社グループの事業活動において、船舶の調達は事業の根幹をなす非常に重要な部分です。 船舶の建造...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
人権

人権方針

人権方針 商船三井グループは、当社グループの企業理念・グループビジョン・行動規範等に基づき人権方針を策定いたしました。同方針で定める内容に沿って...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
人権

人権デューデリジェンス

人権デューデリジェンス 取組の全体像 以下の手順に基づき、人権デューデリジェンスの仕組みを構築し、人権課題の解決に努めます。 現在、代表...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
人権

救済プログラム

救済プログラム 苦情処理メカニズム 商船三井グループでは、迅速に人権関連の懸念事項に対処すべく、複数の通報窓口を用意しています。 ...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
人権

国際的なイニシアティブ等への賛同

国際イニシアティブ等への賛同 国連グローバルコンパクトへの参加 グローバル・コンパクト ロゴマーク グローバルに事業展開する...

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス
Governance

Governance 事業を支えるガバナンス・コンプライアンス

コーポレートガバナンス コーポレートガバナンスの充実に積極的かつ継続的に取り組んでいます。 リスク管理 当社が事業運営にあたり認識している...