Human & Community  Contributing to the growth and development of people and communities Human & Community 人の活躍と地域社会の発展

人材育成

人材育成方針

人材育成方針

当社の目指す人材育成は「商船三井グループの発展と社員一人ひとりの成長を共に達成すること」です。 会社とともに社員一人ひとりが成長し、会社へ確固たる貢献をしつつ、個々人の会社生活をよりやりがいのあるものにすることを目指します。 そのために、人事部はグローバルな環境で「MOL CHARTS」を体現し、成果・価値を生み出せる多様な人材を育成すると共に、イノベーティブな発想や チャレンジングな取り組みを推進する組織を創ります。 また、ダイバーシティ&インクルージョンを新たな競争優位の源泉と位置づけ、社員一人ひとりが自身のキャリアを考える機会を提供すると共に、各自のキャリア プランに沿った能力開発やキャリアパスを属性にとらわれず支援します。


株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

育成したい人材像

育成したい人材像

当社が育成したい人材像は、会社の持続的成長に向けて、グローバルマーケットで活躍できる「新しい価値を創造する自律自責型の人材」です。
「自律自責型の人材」とは、難題に直面しても、常に当事者意識を持ち、解決策を見出し、関係者と協調しつつ自らその解決策を実践できる人材です。この当事者意識の強い個の力と共に、ステージを進むに従って、組織をリードするマネジメント力を兼ね備える人材を育成します。また、キャリアパスの複線化を想定し、各自が自分自身の持ち味を活かせるキャリアを選択できるようサポートします。

目標・KPI・アクションプラン

当社グループでは、事業を通じて優先的に取り組むべき社会課題であるサステナビリティ課題を5つ特定し、そのうちの1つである「Human & Community」の中で人材育成に関する目標・KPI・アクションプランを設定しました。

サステナビリティ課題(マテリアリティ)

経営スクール研修内容の刷新

2021年度は従来のプログラム内容、及び、講師陣を刷新し、「ヒト(人と組織)・モノ(経営戦略)・カネ(会計)・情報(DX)」の4つの要素をテーマとした講義と経営者との対話やケーススタディという構成で実施しました。 研修の最後には、9名の参加者それぞれが当社グループの企業理念・ビジョンの下で実現したいことを経営層に向け提言を行いました。

上級管理職 育成プログラム拡充

2021年度は部長全員を対象とし、アセスメントを通じ、自己認知と他者認知のギャップ、価値観や行動の傾向を理解した上で自身の能力開発、そして、組織開発へとつなげる内容の研修を実施。
また新任部長に対しては、各種異業種プログラムへの派遣を積極的に行いました。


株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

推進体制

推進体制

管掌役員 毛呂准子(代表取締役常務執行役員 CHRO(チーフ・ヒューマン・リソース・オフィサー))
推進部署 人事部
人事体制

株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

キャリアパスとOJT

キャリアパスとOJT

トレーナー制度(新入社員対象)

入社時から1年間にわたって先輩社員がメインの指導役(トレーナー)として新入社員につき、一人立ちできるようサポートしていきます。
主としてトレーナーから、社会人としての振る舞い、会社や実際の業務について学びます。また、定期的に面談を行い、1年間の中での段階的な目標を設定した上、各段階での自身の現状と課題を認識し、成長の道標とします。

メンター制度(キャリア入社社員対象)

多様な人材の活躍を促す取り組みの一つとして、メンター制度を導入しました。メンティーの担当業務以外についてもサポートする為に所属チーム外の社員がメンターとなり1on1を実施しています。キャリア入社の社員はメンターとの定期的な対話を通じて定期的に立ち止まり自らを振り返る、悩みを相談する、人脈形成の補助といった機会につなげます。

ジョブローテーション(新入社員対象)

入社後の10年間は少なくとも3つの異なる業務(※)を経験することで、個人の適正を自他ともに認識しその後のキャリアにつなげます。また、幅広い経験を積むことで、広い視野と多面的な視点を養います。
※陸上職の場合は営業部門・管理部門両方の業務を経験、海上職の場合は各種船種に乗船すると共に、内2年間は陸上勤務を経験することを望ましいとしています。海上職では、この期間に陸上勤務を入れることにより、陸上での業務を知り、身に付けることによって、海上勤務に役立てること、陸・海、両方の視点を合わせ持つ総合的な見方ができることを目指しています。


株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

研修体系

研修体系

育成ステージに合わせて育成ゴールを設定しています。
各育成ステージにおいて、必修型プログラムの他、一人一人の特性や役割、希望によって選抜型プログラム、選択型プログラムを実施しています。

研修体系の図

人事制度・評価制度

パフォーマンスデータ


株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

選抜型プログラム

選抜型プログラム

選抜型プログラムは次世代の経営者・リーダー育成を意識し、高く広い視野を持ちビジョンを実現する力を磨くことを目的として実施しています。

One MOLグローバル経営塾(MGMC)

異文化環境におけるダイバーシティマネジメント力を向上させ、次世代のグローバルリーダーを育成する目的で2014年に開講し、毎年継続して実施しています。毎年世界各国からの参加者を日本に迎え、グローバルな事業環境における戦略思考、組織運営、リーダーシップの講義に加え、グループ共通の価値観である「MOL CHARTS」をもとに自分自身のキャリアを振り返っています。また、研修を通して当社グループの課題や進むべき方向について、数人のチームに分かれて議論、調査を行い、最終日には当社経営陣への提言を行っています。毎年の研修後アンケートでの満足度が非常に高く好評を得ています。

MGMC参加者数

2019年度 2020年度 2021年度 2014年~累計
14人 修了生フォローアップセッションをオンライン開催(43人) 14人 119人
チームでの議論の様子
発表の様子

One MOL経営スクール

当研修はグローバル社会の動向に敏感で、中長期的な視点で全体最適を意識する次世代経営者育成を目的に2010年に開講、2021年に内容を刷新し、開催しています。
毎回、6カ月にわたる研修の最後は経営層に向け、当社及び当社グループ会社の経営を担う者として企業理念・ビジョンの下で 実現したいことを、その時にありたいポジションとともに描き、そこに向けた経営資源の強化と配分を提言します。
実際にいくつかの提言は、事業化へとつながっています。

経営スクール参加者数

2019年度 2020年度 2021年度 2014年~累計
7 コロナ禍により実施せず 9 108
株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム
Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
グループ共通の価値観 MOL CHARTS

グループ共通の価値観 MOL CHARTS

当社は、2015年4月に当社グループの社員が永続的に継承していく価値観として「MOL CHART」を制定しました。CHART とは、共有すべき価値観を...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
人材育成

人材育成方針

人材育成方針 当社の目指す人材育成は「商船三井グループの発展と社員一人ひとりの成長を共に達成すること」です。 会社とともに社員一人ひとりが成長し...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
人材育成

育成したい人材像

育成したい人材像 当社が育成したい人材像は、会社の持続的成長に向けて、グローバルマーケットで活躍できる「新しい価値を創造する自律自責型の人材」で...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
人材育成

推進体制

推進体制 管掌役員 毛呂准子(代表取締役常務執行役員 CHRO(チーフ・ヒューマン・リソース・オフィサー)) ...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
人材育成

キャリアパスとOJT

キャリアパスとOJT トレーナー制度(新入社員対象) 入社時から1年間にわたって先輩社員がメインの指導役(トレーナー)として新入社員につき...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
人材育成

研修体系

研修体系 育成ステージに合わせて育成ゴールを設定しています。 各育成ステージにおいて、必修型プログラムの他、一人一人の特性や役割、希望によって...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
人材育成

選抜型プログラム

選抜型プログラム 選抜型プログラムは次世代の経営者・リーダー育成を意識し、高く広い視野を持ちビジョンを実現する力を磨くことを目的として実施してい...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
ダイバーシティ&インクルージョン推進

1. ダイバーシティ経営の目指す姿

1. ダイバーシティ&インクルージョン経営の目指す姿 当社グループは、性別や国籍、年齢といった表面的な属性のみならず、経験や持ち味、スキル、価値...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
ダイバーシティ&インクルージョン推進

2. グローバル人材の活躍

2. グローバル人材の活躍 グローバルに事業を展開している当社グループでは、多国籍な社員・船員を約15,000名雇用しています。グループ総合力を...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
ダイバーシティ&インクルージョン推進

3. 女性の活躍推進

3. 女性の更なる活躍 当社は経団連が掲げる「2030年30%へのチャレンジ」への賛同を表明しています ダイバーシティ&イ...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
ダイバーシティ&インクルージョン推進

4. アスリート社員採用

4. アスリート社員採用 多様な社員が活躍する環境整備に向けて 人事部 ダイバーシティ・ 健康経営推進チーム 倉橋 香衣 ...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
ダイバーシティ&インクルージョン推進

5. その他ダイバーシティ推進の取り組み

5. その他ダイバーシティ推進の取り組み ダイバーシティ・健康経営推進チームの設置 当社は、「人事部 ダイバーシティ・健康経営推進チーム」...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
ダイバーシティ&インクルージョン推進

6. 社員の職場環境の整備

6. 社員の職場環境の整備 世界中の社員一人ひとりが熱意と活力を最大限に発揮でき、多様な個性と能力を組み合わせることができる職場環境・組織風土づ...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
働き方改革

1.当社の働き方改革

1.当社の働き方改革 当社では2016年9月に設置した社長を委員長とする「働き方改革委員会」を中心に、活き活きと働ける組織風土による人的競争力向...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
働き方改革

2.働き方改革での取組み内容

2.働き方改革での取組み内容 働き方改革委員会が発足した2016年以降、「組織風土」「人事制度」「生産性向上」「ワークプレイス」の4つの重点分野...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
働き方改革

3.人事制度・評価制度

3.人事制度・評価制度 当社は持続的成長に向けて、グローバルマーケットで活躍できる「新しい価値を創造する自律自責型の人材(※)」の育成に取り組ん...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
働き方改革

4.ワークプレイス改革プロジェクト

4.ワークプレイス改革プロジェクト 「人事制度改革」「組織風土改革」「ワークプレイス改革」「生産性向上」の各種施策のトライアルの場として、2...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
働き方改革

5.さらなるイノベーションの創出のために

5.さらなるイノベーションの創出のために 働き方改革の各種施策によって生み出された時間を活用してイノベーションを実現することが当社の働き方改革の...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
健康経営

1.健康経営推進の目的

1.商船三井の健康経営の考え方 ~健康経営宣言~ 商船三井グループは、「世界最高水準の安全品質」を実現し、健全で活力あるイノベーティブな組織をつ...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
健康経営

2.健康経営推進体制

2.健康経営を推進する体制 人事部ダイバーシティ・健康経営推進チームが中核的役割を担い、産業医・内科医、保健師・精神科医・公認心理師・マッサージ...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
健康経営

3.社外評価

3.社外評価 当社は、経済産業省と東京証券取引所が共同で選定する「健康経営銘柄」に海運業で初めて選定されました。また、日本健康会議(註)...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
健康経営

4.目標

4.目標 (a)健康関連目標値 社員一人ひとりが自らの健康は自ら守る意識を持ちながら、心身の健康づくりに主体的に取り組むことを目指し、心身...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
健康経営

5.健康関連定量データ

5.健康関連定量データ 定期健康診断受診率 2019年 2020年 ...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
健康経営

6.社員の健康増進に向けた取り組み

6.社員の健康増進に向けた取り組み 医務室と連携した取り組み 本社ビルにある医務室では、常勤の産業医及び保健師に加え、医師3名、メンタル管...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
健康経営

7.メンタルヘルスへの取り組み

7.メンタルヘルスへの取り組み メンタルヘルスの不調には個別ケースに応じた支援が必要であり、また、発生予防、早期発見に向けては各人のメンタルマネ...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
健康経営

8.安全運航を支える乗組員の健康への取り組み

8.安全運航を支える乗組員の健康への取り組み 当社は、世界最高水準の安全運航を目指して、陸上と海上が「4ゼロ」(註)を始めとする目標達成に取り組...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
健康経営

9.労働災害の推移

9.労働災害の推移 陸上および海上で環境に応じた施策を講じて労働災害防止活動に努めています。 労働災害 労働災害発生件数はこちら ...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
ステークホルダーエンゲージメント

ステークホルダーエンゲージメント

商船三井グループは、ステークホルダーとの対話を通じて良好な関係(信頼・支持)を築くことを目指しています。ステークホルダーのニーズに応え、「信頼される企...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
ステークホルダーエンゲージメント

【カード1276へ集約】お客さまとのコミュニケーション

お客さまとのコミュニケーション 安全運航と環境に配慮した高品質のサービスを提供 お客さまのニーズと時代の要請を先取りし、安全性と確実性の向...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
ステークホルダーエンゲージメント

【カード1276へ集約】株主・投資家とのコミュニケーション

株主・投資家とのコミュニケーション 適時・的確・公平に情報開示し、持続的成長への信頼感の醸成 株主総会を通じて株主・投資家と対話 ...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
ステークホルダーエンゲージメント

【カード1276へ集約】行政とのコミュニケーション

行政とのコミュニケーション ガバナンスとコンプライアンスの強化 良き企業市民として法令を順守するとともに、納税の義務を果たし、行政の円滑な...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
ステークホルダーエンゲージメント

【カード1276へ集約】お取引先とのコミュニケーション

お取引先とのコミュニケーション 公正な取引とともに持続的発展と社会的責任を果たす 海上公試中の船内ブリッジにて造船所と打ち合わせ ...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
ステークホルダーエンゲージメント

【カード1276へ集約】地域社会、NPO・NGOと

地域社会、NPO・NGOと 国際社会・地域社会への貢献 無償輸送支援先のザンビアの団体が当社を訪問 グローバルな事業展開を行...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
社会貢献活動

企業市民活動方針

商船三井の社会貢献ポリシー 持続可能な開発目標(SDGs*)への貢献 発展途上国を含む世界経済の成長とともに成長する企業...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
社会貢献活動

主な活動内容

アメリカ 森林保護活動を継続的に実施 東京本社で継続的に実施している海岸美化活動に影響され、シカゴ郊外のDu Page郡森林保護活...

Human & Community 人の活躍と地域社会の発展
Human & Community

Human & Community 人の活躍と地域社会の振興

成長の原動力、価値創造の源泉となる人的資本のポテンシャルを最大化する 商船三井のアプローチ グループ共通の価値観「MOL CHARTS」を...