Sustainability Management サステナビリティ経営

ESGファイナンス

ESGファイナンス

株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

グリーンボンド(第20回無担保社債、第21回無担保社債)に関する資金充当状況及び環境改善効果(2019年8月時点)

グリーンボンド(第20回無担保社債、第21回無担保社債)に関する資金充当状況及び環境改善効果(2019年8月時点)

資金充当レポート

発行額合計100億円に対し、全額の資金充当が完了致しました。

scroll

サブグループ プロジェクト名 金額(億円)
規制対応 バラスト水処理装置 55
SOxスクラバー 22
LNG関連 LNG燃料供給船 14
LNG燃料船(タグボート) 7
新型PBCF、及びウインドチャレンジャー計画 新型PBCF 2
ウインドチャレンジャー計画 0
合計(註1) 100

(註1) 上記に占めるリファイナンス比率:48%

環境インパクトレポート

scroll

プロジェクト名 報告指標
バラスト水処理装置 導入数 54隻
処理されたバラスト水の量 4,118,600mt/54隻合計/年
SOxスクラバー 導入数 4隻
SOx削減量 86%
LNG燃料供給船 導入数 建造中
LNG燃料船(タグボート) 導入数 1隻
GHG排出量 1,248mt/隻/年
GHG削減率 15%
CO2削減率 25%
NOx削減率 80%
SOx削減量 99%
新型PBCF 導入数 35隻
省エネ効果 5%
回避されたGHG排出量 43,700mt/35隻合計/年
CO2削減率 5%
NOx削減率 5%
SOx削減量 5%
ウインドチャレンジャー計画 導入数 0隻
今後の予定 1枚帆の実現に向け、2019年度中に搭載船を決定し、2022年の運航開始を目指す。

株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

サステナビリティボンド(第22回、第23回、第24回無担保社債)に関する資金充当状況及び環境改善効果(2020年3月末時点)

サステナビリティボンド(第22回、第23回、第24回無担保社債)に関する資金充当状況及び環境改善効果(2020年3月末時点)

資金充当レポート

発行額合計200億円に対し、全額の資金充当が完了致しました。

scroll

サブグループ プロジェクト名 金額(億円)
ソーシャル関連 フィリピン商船大学の設立 44
ワークプレイス改革推進 2
規制対応 バラスト水処理装置 40
SOxスクラバー 92
LNG関連 LNG燃料供給船 20
LNG燃料船(タグボート) 1
新型PBCF、及びウインドチャレンジャー計画 新型PBCF 1
ウインドチャレンジャー計画 0
合計(註2) 200

(註2) 上記に占めるリファイナンス比率:38%

環境インパクトレポート

scroll

プロジェクト名 報告指標
フィリピン商船大学の設立 在学生、卒業生数等の定量的な指標、および定性効果 在校生:1年生289人/2年生284人(卒業生は2022年から)
  • 高い教育に裏付けられた、質の高い船員の安定確保
  • フィリピン人の雇用確保・人材育成
  • フィリピンにおける海運業発展への貢献
ワークプレイス改革推進 パイロットオフィス入居者へのアンケート調査(註3) 生産性 15%増
対話のしやすさ 7%増
創造性発揮 3%増
等、業務効率化や働きがいに関する指標満足度が改善向上。
センサーを利用した行動調査(註4) パイロットオフィス入居者に関しては、
自席 16%減
会議室 6%減
共有エリア 15%増
集中席 9%増
等、勤務環境に合わせて環境を選択している状況を確認。
ユニバーサルデザイントイレ導入 2019年6月完工。障害等を抱えながら働く方、妊婦等の働きやすさを改善。
バラスト水処理装置 導入数 34隻
処理されたバラスト水の量 6,999,200mt/34隻合計/年
SOxスクラバー 導入数 17隻
SOx削減量 86%
LNG燃料供給船 導入数 建造中
LNG燃料船(タグボート) 導入数 1隻
GHG排出量 1,248mt/隻/年
GHG削減率 15%
CO2削減率 25%
NOx削減率 80%
SOx削減量 99%
新型PBCF 導入数 14隻
省エネ効果 5%
回避されたGHG排出量 16,528mt/14隻合計/年
CO2削減率 5%
NOx削減率 5%
SOx削減量 5%
ウインドチャレンジャー計画 導入数 0隻
今後の予定 2022年中に硬翼帆を1本実装した新造船の運航開始を目指す。1本帆によるGHG削減効果は日本-豪州航路で約5%、日本-北米西岸航路で約8%を見込む。

(註3) 入居前の19年4月、入居後4か月後の19年9月に、パイロットオフィス入居従業員に対し、生産性/対話のしやすさ/創造性発揮に関する満足度調査を実施

(註4) 入居前の19年4月から19年5月、入居後の19年7月から19年9月で本社ビル勤務の全従業員に対して行動調査を実施

株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム
サステナビリティ経営
サステナビリティ課題(特定プロセスと全体像)
Response thumb sdgs icon

サステナビリティ課題(特定プロセスと全体像)

商船三井グループでは、事業活動を通じて社会に対して与えるマイナスの影響を最小化しながら、SDGsへの貢献をはじめとした社会的価値を最大化することで、中...

サステナビリティ経営
ESGファイナンス

ESGファイナンス

グリーンボンド(第20回無担保社債、第21回無担保社債)に関する資金充当状況及び環境改善効果(2019年8月時点) サステナビリティボンド(...

サステナビリティ経営
ESGファイナンス

グリーンボンド(第20回無担保社債、第21回無担保社債)に関する資金充当状況及び環境改善効果(2019年8月時点)

グリーンボンド(第20回無担保社債、第21回無担保社債)に関する資金充当状況及び環境改善効果(2019年8月時点) 資金充当レポート 発行...

サステナビリティ経営
ESGファイナンス

サステナビリティボンド(第22回、第23回、第24回無担保社債)に関する資金充当状況及び環境改善効果(2020年3月末時点)

サステナビリティボンド(第22回、第23回、第24回無担保社債)に関する資金充当状況及び環境改善効果(2020年3月末時点) 資金充当レポート ...

サステナビリティ経営
GRIスタンダード対照表

GRIスタンダード対照表

一般開示項目 指標 設問 掲載箇所 ...

サステナビリティ経営
サステナビリティ経営

サステナビリティ経営

環境・社会面の取り組み状況が企業経営や企業価値に及ぼす影響は年々強まっています。当社グループが時代の要請を先取りする存在としてあり続けながら、目指す姿...