Safe Operation 安全運航

教育・訓練

フィリピンに自営商船大学設立

フィリピンに自営商船大学設立

世界最高水準の安全運航を担う、優秀な船員の継続的な育成・確保のために

当社は2018年8月、フィリピンCavite州Dasmariñas市に自営の商船大学「MOL Magsaysay Maritime Academy」を開校しました。フィリピン人船員は当社運航船乗組員の中核を担っており、運航技術が高度化する中、さらなる活躍が期待されています。4年間の徹底した訓練と基礎教育を通じて、即戦力となる優秀な船員を継続的に育成します。現地パートナーのMagsaysay Maritime Corporationとともに毎年約300人の卒業生を雇用する計画です。

商船大学(MOL Magsaysay Maritime Academy)

MOL Magsaysay Maritime Academy Inc.の概要

学校名 MOL Magsaysay Maritime Academy Inc. (MMMA)
建設予定地および規模 フィリピン Cavite州Dasmariñas市Salitran(首都マニラから南に約30km)
敷地面積約:13.2ha、建物延床面積:約30,000m2
学生数 1学年あたり最大300名(航海科150名、機関科150名)
開校 2018年8月
出資比率 商船三井 : 40%
Magsaysay Maritime Corporation : 35%
Magsaysay Institute of Shipping : 25%

フィリピンでの船員教育訓練事業の経緯

1980年代 コンテナ船、原油船にフィリピン人船員配乗開始。MMCからの派遣開始
1993年 MMCと共同で「Magsaysay Institute of Shipping(MIS)」を設立し、職員・部員向け社内研修に加え、新卒職 員候補生への教育開始
1997年 Magsaysay MOL Marineを設立し、自営配乗会社による船員配乗業務開始
2005年 MIS内にMOL Training Center(フィリピン)設置
2007年 自社訓練船“SPIRIT OF MOL”での専属講師と乗組員による訓練航海を開始
(2,200人以上の職員候補生を輩出。2013年に退役)
2009年 Magsaysay MOL Ship Managementを設立し、船舶管理業務開始
2011年 フィリピン政府の推進するAcademe-Industry Linkage Program (AILP)(*1)のもとに「職員候補生プログラム(サードイヤープログラム)」を導入。フィリピン国内の提携商船大学から選抜した3年生を対象にMISでの教育・訓練を実施
2013年 訓練設備や居室を増設した実際の運航船で実践的訓練を実施する職員候補生教育プログラムを開始
2018年 自営商船大学「MOL Magsaysay Maritime Academy」を開校

(*1) Academe-Industry Linkage Program (AILP): 産・学の提携により、学校側は学生の質を向上させ、産業界側はより質の高い学生の雇用を図るフィリピンでの制度。

教育機関としての社会的責任

当社はこれまでも船員の運航技術の習得や乗船前研修等を行うための訓練センターを設立し、船員の訓練に力を入れてきました。

一方、大学であるMMMAの特徴は、船員になる前の学生に対する「教育」から取り組むものです。将来の安全運航を担う当社船員の一員として、様々な船種に応じて業務を遂行するには、船の仕組みや構造なども含めて理解することが重要です。そして、より高度な技術を身に付けるため、物理や化学を主とした一般教養をはじめ、基礎を徹底的に磨きます。MMMAは、運航技術に加え基礎学力や論理的な思考力、そして規律をしっかり身に付けることを通じて、フィリピンの将来を担う人材の育成を行う教育機関となることをめざしています。

即戦力となる船員を養成

実習棟のShip in Campus

MMMAはフィリピンでは初めて、実船を模した実習棟としてShip in Campusを本格的に導入しています。Ship in Campusは従来AILPで行ってきた実習部分を充実させ、外観だけでなく、最新鋭の船舶機器を備え、可能な限り実習設備の配置を実際の船に近づけることで、即戦力養成につながるトレーニングを行えます。そのほか、係船訓練用設備や隣接したプールと合わせて救命艇降下訓練が行える設備なども配置しているのが大きな特徴の一つです。

このようなShip in Campusによるトレーニングに加え、当社が目指す「世界最高水準の安全運航」を確立するために必要な教育を1年生の段階から実施していくことで、当社の安全運航システムや基準を熟知した優秀な船員を育てていきます。そして、優秀な船員たちが長期にわたって、当社の運航船に乗り組み経験を積むことで、安全運航を支えることにつなげていきます。

(A)トラック&フィールド、(B)管理棟、(C)学生寮、(D)実習棟、(E)教育棟

株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

優秀な船員を世界規模で育成

優秀な船員を世界規模で育成

安全運航維持に必要な船員を育成するため、世界各地で船員研修所を運営し、座学による理論学習から、実機・各種シミュレーターを利用した実習訓練まで、多様な訓練を実施しています。


株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

運航船での実践的な訓練(新人船員教育プログラム)

運航船での実践的な訓練(新人船員教育プログラム)

即戦力となる職員を育成するため、実際の運航船を訓練船とするプログラム「Cadet Actual Deployment for Education with Tutorial(CADET Training)」を実施しています。実際の運航船に専属のインストラクターとキャデットが乗船し、運航実務を生で体験できる環境下、少人数によるきめ細かな指導を行い、当社が要求する海技知識、安全に対する理念・精神を伝承することを目指します。キャデットと乗組員間の交流を通して、キャデットは自分の将来像を具体的にイメージできると同時に、乗組員は将来ともに安全運航を担う仲間として親身に指導する相乗効果を発揮しています。


株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

BRM訓練

BRM訓練

全方位視野に対応した高機能操船シミュレーター

事故事例の再現など、実際の船橋(操船室)と同じ状況を作り出すことができる操船シミュレーターを利用した訓練を実施しています。船長、航海士がチームワークを発揮し、情報を相互に有効活用しながら、エラーを防止し安全運航を達成することを目的としています。2012年6月には、民間企業として国内初となる全方位(360度)の水平視野と下方視野の機能を持った高機能操船シミュレーターを導入しました。
当社は、この訓練プログラムを世界各地にある船員研修所にも展開し、休暇中の船員に定期的に受講させています。


株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

当社独自の船員教育・訓練のプログラムを導入- MOL Rank Skill Training & Evaluation Program -

当社独自の船員教育・訓練のプログラムを導入- MOL Rank Skill Training & Evaluation Program -

乗組員の職位ごとに必要とされる知識や技能に関する要件を定めた教育・訓練プログラム「MOL Rank Skill Training & Evaluation Program(MOL RankSTEP)」を整備し、昇進の要件の一つとして当社グループ船員全員に提供しています。この当社独自のプログラムの有効性が認められ、2012年にタンカー部門とLNG船部門において、ノルウェー船級協会(DNV)より教育プログラムを継続的に改善していく管理システム(CMS)に適合する認証を受けました。


株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

安全体感訓練

安全体感訓練

回転体巻き込まれの危険を体感(フィリピン)

安全運航上の重点項目の一つである「労災撲滅」を達成するべく、船上の作業に潜んでいる「危険な事象」を疑似体験するものです。危険を予知する能力を向上させる上で有効で、2012年度から導入し、船員のみならず、陸上勤務の役職員や新入社員も受講しています。

株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム
安全運航
安全運航管理体制

安全運航管理体制

当社は、「安全運航対策委員会」において、当社及び当社グループの運航船の安全運航の確保・徹底に関する基本方針・対策等について審議し、安全運航に関する施策...

安全運航
安全運航管理体制

安全運航の客観的指標

安全運航の客観的指標 安全性を測るための客観的な指標として、「4ゼロ」をはじめとする以下の数値目標を設定しています。 商船三...

安全運航
安全文化の醸成

社内イントラネットの活用

社内イントラネットの活用 社内イントラネット上に、安全運航に関する情報を掲載しています。特にフロントページには、安全運航の達成状況を示す指標を掲...

安全運航
安全文化の醸成

Safety Conference

Safety Conference 世界最高水準の安全運航に向けた取り組みの一つとして、毎年2月から5月にかけて主要船員供給国の日本、フィリピン...

安全運航
安全文化の醸成

安全キャンペーン

安全キャンペーン 当社では海陸一体で社員一人ひとりが安全意識を向上させ、安全文化を醸成することを目的に安全キャンペーン訪船活動を行っています。世...

安全運航
安全文化の醸成

安全運航を考える会

安全運航を考える会 安全文化醸成活動の一環として陸上役職員向けに「安全運航を考える会」を定期的に開催しています。安全運航を本船乗組員に委ねるもの...

安全運航
安全文化の醸成

鹿島灘での海岸清掃

鹿島灘での海岸清掃 鹿島灘での海岸清掃は2006年に当社運航の大型鉄鉱石運搬船が鹿島灘に乗り上げる海難事故が起きて以降、当社は毎年、役職員による...

安全運航
教育・訓練

フィリピンに自営商船大学設立

フィリピンに自営商船大学設立 世界最高水準の安全運航を担う、優秀な船員の継続的な育成・確保のために 当社は2018年8月、フィリピンCav...

安全運航
教育・訓練

優秀な船員を世界規模で育成

優秀な船員を世界規模で育成 安全運航維持に必要な船員を育成するため、世界各地で船員研修所を運営し、座学による理論学習から、実機・各種シミュレータ...

安全運航
教育・訓練

運航船での実践的な訓練(新人船員教育プログラム)

運航船での実践的な訓練(新人船員教育プログラム) 即戦力となる職員を育成するため、実際の運航船を訓練船とするプログラム「Cadet Actual...

安全運航
教育・訓練

BRM訓練

BRM訓練 全方位視野に対応した高機能操船シミュレーター 事故事例の再現など、実際の船橋(操船室)と同じ状況を作り出すことができる...

安全運航
教育・訓練

当社独自の船員教育・訓練のプログラムを導入- MOL Rank Skill Training & Evaluation Program -

当社独自の船員教育・訓練のプログラムを導入- MOL Rank Skill Training & Evaluation Program - ...

安全運航
教育・訓練

安全体感訓練

安全体感訓練 回転体巻き込まれの危険を体感(フィリピン) 安全運航上の重点項目の一つである「労災撲滅」を達成するべく、船上の作業に...

安全運航
安全運航支援体制

安全運航支援センター(SOSC)による24時間365日の支援体制

安全運航支援センター(SOSC)による24時間365日の支援体制 安全運航への強い決意 2006年、当社が運航する船舶において4件の重大海...

安全運航
安全運航支援体制

検船活動

検船活動 全運航船を対象とした検船活動 商船三井グループでは、船が安全に航行できる状態に維持されているかを確認するため、自社船、傭船に関わ...

安全運航
安全運航支援体制

OJTインストラクター制度

OJTインストラクター制度 係船作業を指導中の様子 ベテランの船長・機関長経験者が航海中の船に乗り込んで、動いている現場でしかわか...

安全運航
安全運航支援体制

緊急対応体制

緊急対応体制 万一の緊急事態、トラブルに備え、的確な対応ができる体制を整えています。 緊急対応訓練 本船での緊急対応訓練 ...

安全運航
安全運航支援体制

海賊・テロ対策の強化

海賊・テロ対策の強化 危険海域の航行を極力回避することが第一ですが、海賊の出没する海域では当直員を増員して、24時間の目視と暗視鏡やレーダーによ...

安全運航
安全運航支援体制

MOL Body FIT Exerciseが国交省の船員安全取組大賞を受賞

MOL Body FIT Exerciseが国交省の船員安全取組大賞を受賞 船員の労働災害の防止を目的として、独自の身体機能向上体操「M...

安全運航
安全運航支援体制

船員の家族会

船員の家族会 長期にわたり家族と離れる船員と留守家族に配慮し、船上のインターネット環境の充実を図るとともに、家族会の実施などさまざまな施策を実施...

安全運航
安全運航を支える設備

造船所との連携

造船所との連携 造船所の建造監督業務には、(1)品質管理、(2)工程管理、(3)労働安全衛生管理(HSE)の三点があります。 品質管理は、...

安全運航
安全運航を支える設備

MOL安全標準仕様、MOLスタンダード

MOL安全標準仕様、MOLスタンダード MOL安全標準とは、過去に発生した重大海難事故を契機として、当社運航船の安全レベルを適切に保つことを目的...

安全運航
ヤマルLNGプロジェクトを支える安全運航

ヤマルLNGプロジェクトを支える安全運航

商船三井は、拡大し続ける世界のエネルギー需要に応えるためにフロンティア開発を輸送面からサポートし、世界に貢献します。2016年5月に商船三井1番船(ヤ...

安全運航
ヤマルLNGプロジェクトを支える安全運航

北極海航路の可能性

北極海航路の可能性 ロシア沿岸を通りベーリング海峡に抜ける北極海航路が、新たな輸送ルートとして国際的に注目されています。本プロジェクトで...

安全運航
ヤマルLNGプロジェクトを支える安全運航

LNG輸送の新たな挑戦

LNG輸送の新たな挑戦 多様化するLNG輸送への新たな取り組みとして、2018年11月にノルウェー・ホニングスヴォーグで耐氷性能が低いL...

安全運航
ヤマルLNGプロジェクトを支える安全運航

過酷な環境での運航を支える安全対策

過酷な環境での運航を支える安全対策 ヤマルLNG基地に面するカラ海は冬季に全面結氷する海域です。平均気温は、冬季には約マイナス30度、時には約マ...

安全運航
安全運航

安全運航

「世界最高水準の安全運航」の実現を目指して 商船三井は、青い海からひとびとの毎日を支え、豊かな未来をひらくことを企業理念に掲げています。これを実...