Safe Operation 安全運航

安全運航支援体制

安全運航支援センター(SOSC)による24時間365日の支援体制

安全運航支援センター(SOSC)による24時間365日の支援体制

安全運航への強い決意

2006年、当社が運航する船舶において4件の重大海難事故が発生しました。事故後、徹底的な事故原因の究明を行い、2007年「船長を孤独にしない」をスローガンとし、Safety Operation Supporting Center (SOSC)を設置しました。事故の教訓を肝に銘じ、「世界最高水準の安全運航」の実現に向け、グループ役職員一丸となって取り組んでいます。

船舶をとりまくさまざまなリスク

当社グループの船は世界中の海を航行しています。冬季の荒天、台風、河川港の凍結などの気象上の悪条件ばかりでなく、中東をはじめとする政情不安や海賊の発生など、さまざまな状況に適切に対応する必要があります。

近年では熱帯低気圧の勢力が増大し、風速が強まり降水量が増加することが予測されています。また、悪化する国際情勢に伴う海賊やテロの脅威に備え、陸上と海上の連携がますます重要になっています。

SOSCは、こうしたリスクをリアルタイムで把握し、本船、船舶管理会社、海技グループ、運航担当者と連絡を取り合い、「船長を孤独にしない」体制を整えています。船長経験者1名を含む2名が常駐し、海外メディアの情報や気象情報など、船の航行に関わるあらゆる情報を収集し、タイムリーに適切な情報発信を行うことにより、重大事故の発生を未然に防止するべく全力で取り組んでいます。

海氷・氷山 河川港の凍結 地震・津波 冬季荒天 ミサイル発射実験 台風 サイクロン 季節風による荒天 海賊 ハリケーン 荒天

海氷・氷山
(ニューファンドランド周辺・オホーツク海)
赤色は海氷・氷山が観測された地域
閉じる
河川港の凍結
(五大湖、バルト海、ヤマル、ナホトカ)
閉じる
地震・津波
(全海域)
地震発生に伴う津波の予測から必要に応じ本船に退避勧告。
閉じる
冬季荒天
(北太平洋、北大西洋などの高緯度海域)
閉じる
ミサイル発射実験
(北朝鮮・インド)
閉じる
台風
(北西太平洋)
台風の進路と本船の動静から本船の避航針路を確認。
閉じる
サイクロン
(インド洋・南太平洋)
サイクロンの進路と本船の動静から本船の避航針路を確認。
閉じる
海賊
(マラッカ・シンガポール海峡、ソマリア沖アデン湾・インド洋、西アフリカ沖(ギニア湾))
海賊発生海域周辺の本船に対し、100マイル以内に近づかないようにアドバイス
閉じる
季節風による荒天
(インド洋・南シナ海)
閉じる
荒天
(全海域)
赤枠は荒天が予測される海域を示し、荒天に遭遇することが予測される船が赤色で表示
閉じる
ハリケーン
(北東太平洋・大西洋)
ハリケーンの進路と本船の動静から本船の避航針路を確認。
閉じる

24hours

安全運航支援センターの特徴

安全運航支援センターの一日

緊急事態を未然に防ぐための船と陸の連絡体制

(1)海賊出没!!

海賊出没 連絡体制

(2)熱帯低気圧発生

熱帯低気圧 連絡体制

(3)地震発生 津波警報発生

地震発生・津波警報発生 連絡体制


株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

検船活動

検船活動

全運航船を対象とした検船活動

商船三井グループでは、船が安全に航行できる状態に維持されているかを確認するため、自社船、傭船に関わらず、全運航船を対象に当社独自の安全基準に基づき定期的に検船活動を行っています。

また、傭船の場合、船主や起用している船舶管理会社等と情報共有を密にし、当社の求める安全基準を理解してもらい、お互いの信頼関係を構築しながら連携して安全対策を進めています。

安全基準を熟知した検船員による徹底調査

船長・機関長の経験を通じて当社の安全基準を熟知した検船員が二人一組で訪船して、本船の運航・整備状況及び管理状況等、約500項目に及ぶチェックリストに基づき徹底的に調査します。

また不安全・不適合事項があれば、当社の求める安全基準を満たすよう本船及び当該船舶管理会社に適切な是正措置を求めます。こうした対応をまとめた写真付のレポートを営業担当も含めた関係部門で回覧し、最終的に本船の品質を確認していきます。傭船は営業部を通じて当該船主に是正指導します。このように、当社の商品である船を随時プロフェッショナルの目でしっかりとチェックし、安全を担保しています。


株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

OJTインストラクター制度

OJTインストラクター制度

係船作業を指導中の様子

ベテランの船長・機関長経験者が航海中の船に乗り込んで、動いている現場でしかわからない不安全行動や潜在危険を見つけ出し、その場で改善指導するものです。ニアミスや良い取り組み事例などの情報も各船に展開し、現場における危険に対する感度を高め、ヒューマンエラーの防止に役立てています。


株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

緊急対応体制

緊急対応体制

万一の緊急事態、トラブルに備え、的確な対応ができる体制を整えています。

緊急対応訓練

本船での緊急対応訓練

緊急事態が発生した場合に乗組員が迅速かつ適切な対応ができるよう、本船上での火災や浸水、海賊やテロ行為など、さまざまな事態を想定した緊急対応訓練を、本船航海中に定期的に実施しています。また、年に1回、本社においては社長以下関係役員と関係部署、船舶管理会社、本船が協同し、海上保安庁の関係管区海上保安本部の協力も得ながら、重大海難事故緊急対応訓練を実施 しています。2017年10月には航行中の自動車専用船の機関室火災及び漂流座礁、2018年11月には明石海峡大橋付近におけるLNG船の他船との衝突事故を想定した緊急対応訓練を実施しました。また、フェリーや客船事業を行う当社グループ会社では、緊急時にはお客さまの安全確保が最優先であるため、避難誘導を含む緊急対応訓練を定期的に実施しています。


株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

海賊・テロ対策の強化

海賊・テロ対策の強化

危険海域の航行を極力回避することが第一ですが、海賊の出没する海域では当直員を増員して、24時間の目視と暗視鏡やレーダーによる監視を強化しています。

アデン湾のIRTC(安全回廊)では、海賊に襲撃されやすい船舶については、日本の海上自衛隊をはじめ、外国の軍艦による護衛船団に参加して航行します。

海賊による襲撃に備え、放水銃やレーザーワイヤー(鉄条網)を装備し、防弾チョッキやヘルメットなども装着しています。

また、万一海賊に乗り込まれてしまった場合には、乗組員はシタデルと呼ばれる船内の退避場所に退避し、乗っ取りを防ぐように行動します。堅固な構造のシタデルには、数日分の水や食料、外部との通信設備などがあり、軍艦などの救援が到着するまでの間、乗組員に危害が及ぶことを防ぎます。

写真提供:防衛省
船橋周辺に備え付けられたレーザーワイヤー

株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

MOL Body FIT Exerciseが国交省の船員安全取組大賞を受賞

MOL Body FIT Exerciseが国交省の船員安全取組大賞を受賞

船員の労働災害の防止を目的として、独自の身体機能向上体操「MOL Body FIT Exercise」を日課として普及させる活動を行っています。ストレッチを基本とした作業前の柔軟体操で、体幹・下肢筋力強化とバランス感覚の向上を図り、転倒リスクを軽減する効果があります。国土交通省の「平成28年度 船員安全取組大賞」を受賞しました。


株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム

船員の家族会

船員の家族会

長期にわたり家族と離れる船員と留守家族に配慮し、船上のインターネット環境の充実を図るとともに、家族会の実施などさまざまな施策を実施しています。留守家族や船員の相談窓口を各拠点に設置し、それぞれの地域に根差したきめ細かいサービスを提供しています。

当社船員リソースの中核であるフィリピンでは、毎年フィリピン国内津々浦々で家族会を実施しており、特にマニラでは約4,000人が、テーマパークを貸し切って参加する大イベントとなります。

家族のサポートがあってこそ船員が安心して乗船し業務に励むことができるため、船員のみならずその家族との絆を深めることが安全運航の重要な源であると考えています。

株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム
安全運航
安全運航管理体制

安全運航管理体制

当社は、「安全運航対策委員会」において、当社及び当社グループの運航船の安全運航の確保・徹底に関する基本方針・対策等について審議し、安全運航に関する施策...

安全運航
安全運航管理体制

安全運航の客観的指標

安全運航の客観的指標 安全性を測るための客観的な指標として、「4ゼロ」をはじめとする以下の数値目標を設定しています。 商船三...

安全運航
安全文化の醸成

社内イントラネットの活用

社内イントラネットの活用 社内イントラネット上に、安全運航に関する情報を掲載しています。特にフロントページには、安全運航の達成状況を示す指標を掲...

安全運航
安全文化の醸成

Safety Conference

Safety Conference 世界最高水準の安全運航に向けた取り組みの一つとして、毎年2月から5月にかけて主要船員供給国の日本、フィリピン...

安全運航
安全文化の醸成

安全キャンペーン

安全キャンペーン 当社では海陸一体で社員一人ひとりが安全意識を向上させ、安全文化を醸成することを目的に安全キャンペーン訪船活動を行っています。世...

安全運航
安全文化の醸成

安全運航を考える会

安全運航を考える会 安全文化醸成活動の一環として陸上役職員向けに「安全運航を考える会」を定期的に開催しています。安全運航を本船乗組員に委ねるもの...

安全運航
安全文化の醸成

鹿島灘での海岸清掃

鹿島灘での海岸清掃 鹿島灘での海岸清掃は2006年に当社運航の大型鉄鉱石運搬船が鹿島灘に乗り上げる海難事故が起きて以降、当社は毎年、役職員による...

安全運航
教育・訓練

フィリピンに自営商船大学設立

フィリピンに自営商船大学設立 世界最高水準の安全運航を担う、優秀な船員の継続的な育成・確保のために 当社は2018年8月、フィリピンCav...

安全運航
教育・訓練

優秀な船員を世界規模で育成

優秀な船員を世界規模で育成 安全運航維持に必要な船員を育成するため、世界各地で船員研修所を運営し、座学による理論学習から、実機・各種シミュレータ...

安全運航
教育・訓練

運航船での実践的な訓練(新人船員教育プログラム)

運航船での実践的な訓練(新人船員教育プログラム) 即戦力となる職員を育成するため、実際の運航船を訓練船とするプログラム「Cadet Actual...

安全運航
教育・訓練

BRM訓練

BRM訓練 全方位視野に対応した高機能操船シミュレーター 事故事例の再現など、実際の船橋(操船室)と同じ状況を作り出すことができる...

安全運航
教育・訓練

当社独自の船員教育・訓練のプログラムを導入- MOL Rank Skill Training & Evaluation Program -

当社独自の船員教育・訓練のプログラムを導入- MOL Rank Skill Training & Evaluation Program - ...

安全運航
教育・訓練

安全体感訓練

安全体感訓練 回転体巻き込まれの危険を体感(フィリピン) 安全運航上の重点項目の一つである「労災撲滅」を達成するべく、船上の作業に...

安全運航
安全運航支援体制

安全運航支援センター(SOSC)による24時間365日の支援体制

安全運航支援センター(SOSC)による24時間365日の支援体制 安全運航への強い決意 2006年、当社が運航する船舶において4件の重大海...

安全運航
安全運航支援体制

検船活動

検船活動 全運航船を対象とした検船活動 商船三井グループでは、船が安全に航行できる状態に維持されているかを確認するため、自社船、傭船に関わ...

安全運航
安全運航支援体制

OJTインストラクター制度

OJTインストラクター制度 係船作業を指導中の様子 ベテランの船長・機関長経験者が航海中の船に乗り込んで、動いている現場でしかわか...

安全運航
安全運航支援体制

緊急対応体制

緊急対応体制 万一の緊急事態、トラブルに備え、的確な対応ができる体制を整えています。 緊急対応訓練 本船での緊急対応訓練 ...

安全運航
安全運航支援体制

海賊・テロ対策の強化

海賊・テロ対策の強化 危険海域の航行を極力回避することが第一ですが、海賊の出没する海域では当直員を増員して、24時間の目視と暗視鏡やレーダーによ...

安全運航
安全運航支援体制

MOL Body FIT Exerciseが国交省の船員安全取組大賞を受賞

MOL Body FIT Exerciseが国交省の船員安全取組大賞を受賞 船員の労働災害の防止を目的として、独自の身体機能向上体操「M...

安全運航
安全運航支援体制

船員の家族会

船員の家族会 長期にわたり家族と離れる船員と留守家族に配慮し、船上のインターネット環境の充実を図るとともに、家族会の実施などさまざまな施策を実施...

安全運航
安全運航を支える設備

造船所との連携

造船所との連携 造船所の建造監督業務には、(1)品質管理、(2)工程管理、(3)労働安全衛生管理(HSE)の三点があります。 品質管理は、...

安全運航
安全運航を支える設備

MOL安全標準仕様、MOLスタンダード

MOL安全標準仕様、MOLスタンダード MOL安全標準とは、過去に発生した重大海難事故を契機として、当社運航船の安全レベルを適切に保つことを目的...

安全運航
ヤマルLNGプロジェクトを支える安全運航

ヤマルLNGプロジェクトを支える安全運航

商船三井は、拡大し続ける世界のエネルギー需要に応えるためにフロンティア開発を輸送面からサポートし、世界に貢献します。2016年5月に商船三井1番船(ヤ...

安全運航
ヤマルLNGプロジェクトを支える安全運航

北極海航路の可能性

北極海航路の可能性 ロシア沿岸を通りベーリング海峡に抜ける北極海航路が、新たな輸送ルートとして国際的に注目されています。本プロジェクトで...

安全運航
ヤマルLNGプロジェクトを支える安全運航

LNG輸送の新たな挑戦

LNG輸送の新たな挑戦 多様化するLNG輸送への新たな取り組みとして、2018年11月にノルウェー・ホニングスヴォーグで耐氷性能が低いL...

安全運航
ヤマルLNGプロジェクトを支える安全運航

過酷な環境での運航を支える安全対策

過酷な環境での運航を支える安全対策 ヤマルLNG基地に面するカラ海は冬季に全面結氷する海域です。平均気温は、冬季には約マイナス30度、時には約マ...

安全運航
安全運航

安全運航

「世界最高水準の安全運航」の実現を目指して 商船三井は、青い海からひとびとの毎日を支え、豊かな未来をひらくことを企業理念に掲げています。これを実...