Technological Innovation 技術革新

技術革新取り組み事例

技術革新取り組み事例

現在、当社では、2016年11月に開始した「“船舶維新NEXT”~MOL SMART SHIP PROJECT~」を中核として、当社グループおよび社外パートナーとともに、安全運航と環境負荷低減の深度化をコンセプトとした技術開発を進めています。かねてより安全と環境をテーマに技術開発に取り組んでいますが、昨今、急速に発展しているデジタル分野のテクノロジーも積極的に活用しつつ、SDGsの達成など高まる社会的ニーズに応え、持続可能な社会の実現に貢献するために、より高度な安全運航支援技術の開発と環境負荷低減技術の開発に取り組んでいます。高度安全運航支援技術の開発は、将来の自律運航に資するものと考えています。


高度安全運航支援分野


環境負荷低減分野

株式会社 商船三井 環境・サステナビリティ戦略部 サステナビリティ統括チーム, 株式会社 商船三井 経営企画部 総合企画チーム, 株式会社 商船三井 コーポレートコミュニケーション部 コミュニケーション企画チーム, 株式会社 商船三井 MBS コミュニケーションサポート部 MBS コミュニケーションサポート部, 株式会社 商船三井 人事部 人事部, 株式会社 商船三井 海上安全部 海務チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全推進チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員政策チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 船員教育・訓練チーム, 株式会社 商船三井 海上安全部 安全運航支援センター, 株式会社 商船三井 技術部 技術イノベーションチーム, 株式会社 商船三井 スマートシッピング推進部 スマートシップ戦略チーム, 商船三井システムズ株式会社 ICT 戦略推進部 ICT 戦略推進第一チーム
技術革新
技術革新推進体制

技術革新に向けた基本方針

技術革新に向けた基本方針 海運業界を取り巻く技術開発においては、従来、主たる対象であった船舶のハード面における要素技術の進歩に加え、近年は、海上...

技術革新
技術革新推進体制

技術革新を加速させる体制の構築

技術革新を加速させる体制の構築 当社グループでは、技術開発のさらなる強化に向け、2018年4月に「技術革新本部」を新設しました。船舶等ハード面の...

技術革新
技術革新取り組み事例

技術革新取り組み事例

現在、当社では、2016年11月に開始した「“船舶維新NEXT”~MOL SMART SHIP PROJECT~」を中核として、当社グループおよび社外...

技術革新
高度安全運航支援分野

高度安全運航支援分野

高度安全運航支援分野 環境負荷低減分野 当社運航船の航海・機関関連ビッグデータの利活用 「FOCUSプロジェクト」 機関...

技術革新
環境負荷低減分野

環境負荷低減分野

高度安全運航支援分野 環境負荷低減分野 ウインドチャレンジャープロジェクト ゼロエミッション電気推進船の開発・普及促進に...

技術革新
船舶技術の航跡

船舶技術の航跡

1987年 ~ 船体 PBCF(プロペラ効率改善装置)開発 ...

技術革新
ISHINシリーズ

ISHINシリーズ

グローバルに事業活動を展開する当社にとって、地球環境保全は安全運航と並んでグループ企業理念に掲げられている重要課題です。次世代船構想「船舶維新」プロジ...

技術革新
ISHINシリーズ

環境負荷低減を目指す「船舶維新」の今

環境負荷低減を目指す「船舶維新」の今 ISHIN-Ⅲ 主機関の排熱エネルギーを回収しプロペラをアシスト 2014年竣工の大型鉄鉱石専用船に...

技術革新
技術研究所

技術研究所

「環境と共生する研究所」として、太陽光エネルギー利用や自然採光システム、氷蓄熱冷暖房システム、高速可変風量コントロールシステムを採用し、随所に...

技術革新
技術研究所

技術革新に向けた基本方針

技術研究所 概要 名称 株式会社商船三井 技術研究所 所在地 住所:〒215-0033 神奈川県川崎市麻生区栗木2-2-9 ...

技術革新
技術研究所

技術革新を加速させる体制の構築

事業概要 燃料油・潤滑油分析 当社運航船が補油した燃料油や本船上で使用される潤滑油の性状分析を行い、分析結果から得られる情報をもと...

技術革新
技術革新

技術革新

ステークホルダーと時代のニーズを先取りし、ワクワク感のある物流イノベーションを起こします 商船三井グループは、2018年に新設した「技術...